神倉みゆ個人サイト 清く正しいFLASHと 腐女子同人が混同
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
たまには猫のお話を
そういえば我が家の猫のお話してないなーと思いながら。

もうお気づきの方も多いかと思われますが、TOP左にいるのが
我が家の猫でございます。
とても人見知りも猫見知りも激しい猫でございまして、
勝手に我が家に乱入してきた他猫様に餌を食われていても
文句が言えず遠くから眺めているおくゆかしい猫でございます。

そんな猫との出会いはもう10年。
彼奴めは当方が働くゲームセンターのクーラーの外っかわの下で泣いておりまして。
バイトの人にきけば、昨日から鳴いていると。
そんな昨日は雨。今日も雨。まだ鳴いているにゃーにゃー。
猫が人を呼んでいます。

で、バイトの人と見に行けば(その間 カウンターには誰もいなかった最悪な人たち)
まだ鳴いていることが発覚。ひっぱりあげてみれば、どうも尻尾がひっかかって
動けなかったらしい。
とりあえず引っ張り上げてバイト先のカウンターに座らせます。
周りでは格闘ゲームの音とかとても騒がしいのですが、すぐに眠ってしまいました。
ゲームに対しての耐性はこのときについたのかと思われます。

さて、この子を助けたはいいがどうしよう。
我が家は動物耐性ゼロです。鳥とリスを飼ったことがありましたが、
リスは購入という形で我が家にきましたが2週間で天寿まっとう。
ああ、なけてきた。
ええと、鳥の方はある日突然飛来してきて、2年ほど一緒にいましたが、
再び飛来してゆきました。インコなのに渡り鳥でした。
(本当は友人が逃がしてしまったインコが当方の元へ、
 当方が逃がしてしまってから、別の友人宅に転がり込んでそのまま飼われてました)

そんな動物との微妙なふれあい経由がありながら、
猫のような大きなものを飼ったことがない我が家。
母親がそういうとこうるさいので半ば諦めて、その子をペットショップに連れてゆくことにします。
このペットショップさん、当時「捨て猫は預かります」という看板を掲げておられたので。
(今思えば預けてもらわれなかったらどうなるのだろうとその頃は思いもよりませんでした)

しかしそのペットショップ。
週に一度のお休みでありました。
バイトのスタッフジャージの胸ポケットに入って眠っている猫。
ああ、この猫かわぇえ。
とりあえず我が家のボスである母親に連絡をとります。
当母親、大変気性が激しいので、下手すると一発で断られますが、
その日にかぎってやけに機嫌がよかった模様。
「一日だけ置いて向こうにもってゆくならいい」ということで家に連れてかえります。

つれて帰ってさてどうしよう。
とりあえずミルクか、飯くうか。
冷蔵庫をあさる。 ミートボール発見。 食わせた。
こやつが当方の家に来て初めて食べたのはレトルトミートボール。

で、食ってるなあかわいいなあといっておりましたら
一日で移るよ情。もうこんぴうたーウィルスなみに移るよ情。
我が家の飼い猫となりましたとさ。


ちなみに、ひっかかってしまった尻尾は曲がったままなので
この子は尻尾まがっております。
なので、世間様の猫のようにしっぽをひゅーらひゅーらではなく、ぷりぷりとゆらします。
この鍵尻尾がまたよいです。ぷりぷり。


で、現在のように、当方のピアノの演奏を聴けば即効で逃走する猫になりましたとさ。
[PR]
by nzm_gm | 2005-09-28 00:21 | ネタ・雑談
<< 報告 何気に >>

OPEN:1999.4 / size:1024*768 / mail:cpaot408★hct.zaq.ne.jp (★⇒@に)