神倉みゆ個人サイト 清く正しいFLASHと 腐女子同人が混同
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
踊るのだいそーさせん
ここのところ忙しさ満点だったので、更新できませんでした。

ロッテ×阪神の試合が
前代未聞の霧合戦で終止符を打たれたところチャンネルを変えたら
踊る大捜査線がやってました。
丁度 タイホくんが出てきたタイミングのよいシーンだったので、
我が家の母上が「これは本当に踊る大捜査線なのか?」と聞いていたほとです。

さて、踊るといえば、今回のレインボーブリッジを封鎖せよ。
実際、レインボーブリッジは封鎖できないそうなので、
撮影の時は結構大変だったようですね。
というか、封鎖しないと撮影できないから京都のどこぞの橋で撮影した際編集ミス(?)で
車内から見たの風景に京都の山が映っているままだとか
素敵な伝説だけが見事に残っています。


踊る~のシリーズの中でやはり一番面白かったのは
当方にとっては「THE MOVIE」が一番。
本当にあれがテレビシリーズももちろん良かったですが、映画でがっつりと楽しませてくれた一本です。
ここから先はネタバレですが・・

あの映画で最後の方に青島が刺されて病院に搬送されるシーン。
「青島は死んだ」と思わせておいて、実は眠っていただけ、というオチの後に、
警備にあたっている警察官は青島の乗った車に対して、敬礼をします。

これも有名な話だと思いますが、
ネタとしては「殉職したと思われていてみんなに敬礼されている」という
爆笑オチががっつりと楽しめるシーン。
と、おもわれがちですが、脚本家(演出家?)的には
「勇士 青島に対する敬意の意」かなんかというシーンで、
敬礼している警察官達は「殉職」ではなく「英雄」といったノリで敬礼していたといいます。

当方もこの情報がまだないときに笑いながらも「おかしい」と感じていたのが
室井さんの表情が、何やってんだ、という感じではなく誇らしげであったことと、
すみれさんもツッコミせず、ただ優しく眠っている青島を見守っていたということです。


笑いととらえるか、シリアスと捉えるか
当方は前者でしたが、他の人はどうなんだろう?
[PR]
by nzm_gm | 2005-10-23 00:00 | ネタ・雑談
<< こんにちわ競馬 色々雑記 >>

OPEN:1999.4 / size:1024*768 / mail:cpaot408★hct.zaq.ne.jp (★⇒@に)