神倉みゆ個人サイト 清く正しいFLASHと 腐女子同人が混同
2005年 05月 11日 ( 2 )
意味のない落書き
d0003141_2046419.jpg
いったいなにが!?
[PR]
by nzm_gm | 2005-05-11 20:46
映画だよー
さて、5/14(土)より公開される映画
⇒キングダム・オブ・ヘブン

この作品に期待することといえば、ローマ帝国の剣闘士を舞台とした「グラディエイター」の監督が手がけていること。映像面でも世界観のイメージでも、もちろん迫力といった点でも中世好きにはたまらない迫力で表現してくれる。
そうであるため、今回のキングダム・オブ・ヘブンは当方にとって期待大なわけですよ。

ロードオブ・ザ・リング人気で一時期高まりつつあった「中世映画」
最後に見たのは「キング・アーサー」
エクスカリバーの剣を引き抜くあの人のお話だが、あの映画で覚えているといえば
氷をぶったたくことくらいしか覚えていません。
そして無駄にながい戦闘シーン
ロード時間の長いスーパーロボット対戦を彷彿とさせたのは秘密です。

そんなわけで当方にとって「中世なら何でもいいと思っていて正直悪かった」と平謝りさせられたキング・アーサーの後に登場した「アレキサンダー」は既に「ア」がつくのも嫌になるくらい見る気がなくなってしまい、結局まだ見ていないのですが、どうやら見事に滑ってくれたようですね。
※キング・アーサーは当方の感じた見解のみで語っております


さて


そんな「キングダム・オブ・ヘブン」に淡い期待をほのめかしている当方ですが、あともうひとつ。
ロード・オブ・ザ・リングで登場していた特攻エルフ皇子ことレゴラス役のオーランド・ブルームが登場しているとのこと。
※レゴラスについては過去の日記「王の帰還を改めて見る」をどうぞ
最初はあまりのヒゲっぷりに誰だかわからなかったのですが(そもそもロード自体が既にかなり前に撮影が終わっている)とてもよろしい感じのヒゲオヤジになっていたので期待すべき点ではありますね。

オーランドは去年の中世映画はずれ年でも登場しております。
「アレクサンダー」「キング・アーサー」「トロイ」
この三作の中で最もマシ(というより、思ていたより面白かった)だったのは「トロイ」であり、また、エルフレゴラスことオーランドもこの作品に登場している。
ブラッド・ピットの肉体美を大々的にオススメされていたこの映画だが、ぶっちゃけ肉体美はどうでもよく、ブラッド・ピットの放つ「必殺技」のような闘い方が普通にかっこいい。
さて、オーランドのトロイでの活躍っぷりだが
「恋におぼれた愚かな王子」を見事に演じてくれている。
それも、見事なまでのへたれっぷりが愛すべきキャラクターだ。

突撃エルフ王子レゴラスを見てきた人たちには、信じられないへたれっぷりを披露してくれるオーランド。
しかしこのへたれ王子、最後にを持って主人公を射止めるシーンがあるのだが、

どうも当方にはへたれ王子にレゴラスが乗り移っていた

としか見えないビジュアル。
あまりに見慣れすぎたレゴラスの弓さばきの所為でしょうか、
ヘタレ王子がまたたくまにカッコイイ度急上昇。
というより既にレゴラスにしか見えない。

レゴラスがもう見れなくて悲しい・・・・
そうお思いの方はトロイに「レゴラス」が出ているので見ても良いかと思います。
[PR]
by nzm_gm | 2005-05-11 12:03 | ネタ・雑談

OPEN:1999.4 / size:1024*768 / mail:cpaot408★hct.zaq.ne.jp (★⇒@に)