神倉みゆ個人サイト 清く正しいFLASHと 腐女子同人が混同
2005年 06月 20日 ( 3 )
FE 蒼炎ラクガキ
d0003141_13491522.jpg

ラクガキ三連発


アイク可愛いよアイク。

クラスチェンジすると蒼さが増します。
マントもよろいも蒼い。
んで、ハチマキが成長w
[PR]
by nzm_gm | 2005-06-20 13:48 | ゲーム/漫画
いろいろすません
えーと、結局色々とありまして東京のビクフリオンリーは出れませんでした
orz 
色々とすんません。
10月のビクフリオンリーこそでるよ!つか、オンリー三昧だな!

*+*+*+*+*+*+*+*+*+

7月のインテックスにワロタ
なんですかあれは。
サークル数はおそらく3000にも満ません。
ある意味、ファイアーエムブレム蒼炎の本探しやすいかもしれません。
私も何か作るかもしれません
というわけで蒼炎サークル様お願いですから何か出してください 私が行きます。

*+*+*+*+*+*+*+*+*+

8月コミケ関連
⇒FLASH同人部
⇒のしさん企画のFLASH職人同人誌

FLASH同人部の方ではご存知新作フラをCDにつめてブックレットつき販売。
当方も「勇者指令アルフォーン」という鋼の錬金術師パロフラで参戦。
才能を無駄に使うきみがすきといわれた。
参入者はもちろんあの人この人サイトで公開されている通り。


のしさん企画は、ちょっとしたきっかけで発足したFLASH職人が紙面で踊る同人誌。
(上のとは別です)
参加職人15人以上、え、マジでこの人も?という人たち入りすぎの豪華本に見えますが、実際何が飛び出すのかわからないパンドラブック\になっています。
同人誌のカタにはまっていない人たちばかりなので、とても自由。
当方は当サイトオリジナルフラ「コネクテッド」のミニストーリーを描く予定。



私自身は夏コミとってません~
[PR]
by nzm_gm | 2005-06-20 10:39 | ネタ・雑談
FE蒼炎日記
さて、めでたくハール隊長も仲間に入れたのですが、
余りにも一気にやりすぎたせいで、社会人として不適合になりそうなので
暫くプレイを置いてノンビリやろうかと思います。


d0003141_0583651.jpg

さて、お話も大分終盤にさしかかったので、
このゲームについて思う存分語オススメしてみようと思います。
気になる方は読んで。つかはまって。


ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡


実に悔やまれる一点はこのゲームが
「ゲームキューブ(GC)」という、既に末期とされているハードで販売されて
しまったことが最大の敗因です。

任天堂の次回機がキューブのソフトも遊べるという話を
どこかできいたので(間違ってたら指摘してくだされ)次回機の
タイミングでの盛り上がりに期待したい。

しかしながら
・長年ファイアーエムブレム(FE)をたしなんでいる。
・初代、もしくはスーファミのFE(紋章の謎)が好きだった。
聖戦の系譜でさよならした

上記三つのどれか当てはまる人にはとてもオススメだと思います。
聖戦の「再移動」システムになじめなかった方、今回は再移動ありなのですが、
妙に扱いやすい気分です。

また、大容量ハードを駆使したストーリーの見せ方などは
非常に流れが分かりやすい。
2Dを上手く見せ場にしていたり、たまに入る3Dも楽しい。

何より一番が、FE特有の戦闘テンポのハラハラ感と、スピード感は
3Dになっても健在です。
最初は若干違和感を感じますが、2.3章やっていると異様にはまります。



ストーリーの方ですが、烈火や封印を途中で断念してしまった当方なので、
その濃さの度合いというものはシリーズ通してわかりませんが、
流れに無駄がないというか、かなりよろしい感じです。

一歩一歩進軍していゆく厚みがかなりあります。
全体的には「虐げるもの、虐げられるもの、人種差別」関係の
お話がわりと濃く出てきます。
今までのFEシリーズでは、人間ならざるものは「竜」という存在のみ
だったと思いますが、今回は
「鷹の民」「獣人」「人間」「そのほか」などなど、大陸内に色々な種族が存在し、
互いに認め合わぬ存在となっています。

それをどう進んでゆくか、投げっぱなしではない世界観のひっぱり具合が良い。
話の筋は一本ですが、主人公とともにプレイヤーが理解しやすい
環境が整っています。



ゲームシステムですが、
従来のFEシリーズとまったく代わりありません。
良いところは使って、今回はなしのところはナシ。
追記されたのは「突き飛ばし」(1マス移動させる)くらいです。
それでもシステムをより遊びやすくするためにはという工夫はこなされています。

更に今回の機能として、敵の攻撃マス目がより分かりやすい表現が
なされています。
正直これには脱帽。とっても助かるシステムです。

また、従来のシステムを使っていながら、新規プレイヤーにも
実にやさしい考慮が組み込まれまくっています。
ターン制のゲームで遊べる人は、ぜひとも一度はFEをやっていただきたい。



全シリーズ通してのFEの決まりごとは大幅に変わっています
一番の変更点は、FEのOPテーマが挿入されていない。
(途中なので最後に出てくるかも?)
そのほか色々あったように思いますが忘れました。

ただ、GBAのFEからの脱却というより、「新しいFE」を提示したと思います。
この続編はぜひとも欲しいところ。



音楽ですが
仲間に入るときの例の
「ちゃらら~ ちゃらら~ ちゃらら~ ちゃらららららりら」は健在。
オーケストラ版で一風編曲された「仲間」の楽曲に酔いしれろ。
楽曲はFEらしい音楽が豪華です。
進撃の時の曲など、かなり熱いイメージの曲が多い。



キャラクターについては
封印の剣から引きずってきたキャラクターグラフィックが一新。
イラストレーターが変わっても、ドット絵のイメージはかわらないのが
FEでしたが、本当に変わっています。
どちらかというと今風に好まれるキャラクター絵なので、萌えは確実に存在。


マチス マカロフについて
もうどうでもいい
なんでハール隊長と支援できんねん・・・・ orz




と、思いつくかぎりざーっとかいていきましたが、
またまとめて見たいと思います。

本当に惜しいのはゲームキューブであること。
プレステならばもう少し色々なユーザーに遊んでもらえたこと必須。
ただ、FEシリーズが好きな人、昔のFEが好きだったけど・・・今のは手を出しにくい人は
ゲームキューブを買う価値はあると思う。
[PR]
by nzm_gm | 2005-06-20 00:32 | ゲーム/漫画

OPEN:1999.4 / size:1024*768 / mail:cpaot408★hct.zaq.ne.jp (★⇒@に)