神倉みゆ個人サイト 清く正しいFLASHと 腐女子同人が混同
2005年 11月 20日 ( 2 )
今マンガ喫茶
当方マンガ喫茶にはいろいろとお世話になることが多いのです。

東京に出たときなんかは、夜行バスの場合、朝6.7時についたりするので、、
約束の時間まで1.2時間仮眠をとったり。
また、個室だど誰気兼ねなしに一人の空間が快適に作れるので、
原稿の下書きやコンテを切るときなどに利用します。

で、本日は先週も日記で書きましたペリーのいくら丼を食したあと
冬物の服がなかったので買いにいってまいったついでのマンガ喫茶です。


途中、一年ぶりにゲーセンらしいゲーセンに入ってみましたら、
うわさに名高い 三国志大戦を発見。
実際ゲームを見ているとなんとまぁ実に面白そうだ。
思わず食い入るように30分ほどプレイを見ておりましたら、
一人の男性の方と目が合い、ついでにいろいろとゲームの事を教えていただきました。
ありがとう名も知らぬお兄さん。

まぁそのお兄さんとはお別れして、服見てからやっぱりプレイしてみたくなって
戻ってまいりました。
一台に2..3人の人が待っている状態で、こういう状況はKOF以来だなぁと
思っていたり懐かしい気分だったりします。

さて、肝心の三国志大戦。
簡単にご説明いたしますと

・500円で君主カード+武将カード4枚GET
・君主カードを差込1プレイ300円でプレイできる
・デッキに武将カードを置き、対戦(CPU、店内、店外対戦が可能)
・勝っても負けても一応経験値が入るらしい
・勝つとそのままプレイ続行 3回まで遊べる模様
・遊戯が終わると新しいカードがランダムで出てくる

強いカードがあればそりゃもうなんとかなるのでしょうが、
当方がおろおろしてしまったのは、
デッキに乗せているカードをリアルタイムに移動させて、
敵と激突、一騎打ち、兵法などを駆使していくという展開。
初プレイだったから仕方がないといえば仕方ないが、見事な敗北っぷりでした。
しかし、確かにデッキの上にカードを滑らせて組むという先方は
実に面白く、全国対戦が楽しめるのはとても面白いというか、
長くゲーセンにきていなかった当方にとってはプチカルチャーショックだったのです。

遊戯王の時代が案外早くきたのだなぁ、と思います。
ドラえもんの世界はまだまだですね!



さて、大幅に話がずれましたが、そんなわけでマンガ喫茶です。
実は東京で何度か利用したとき、東京のマンガ喫茶にはあまりよい印象が
残りませんでした。極端に狭かったり、通路を通るにも少し身を傾けなければならなかったり、
シャワー室はとにかく狭かったり。
東京駅周辺の喫茶では20時閉店だったり、大阪では20時閉店のマンガネット喫茶はあまりお見かけしない気がしますが・・・

今日は一番好きな
⇒メディアカフェポパイではないのですが、
千日前のマンガ喫茶⇒メディアスペース@WANに訪れております。
店内は広く個室もほかの店舗より広いかんじでした。
ただ、通常のマンガ喫茶より、そうとう暗い状況なので、マンガを読むには少し向いていないかも・・・。(もちろん個室内のライトは十分に明るいですが)
眠りたい人にはもってこいのマンガ喫茶だと思います。
個人的に机のスペースが少し縦が狭いので原稿がやりに(ry

この千日前のお店は清潔感漂い、もちろんシャワーも完備なので、家に帰れなくなった折にはご利用されてみるのもよいでしょう。

一番のお勧めはやっぱりポパイですが。
あそこのリクライニングが結構好き。毛布も取り放題だし、雑魚寝できる部屋には一度入ってみたい・・w
[PR]
by nzm_gm | 2005-11-20 17:33
ラスボスの音楽ってさ
しってるかい ラスボスの音楽って本当にアツイんだぜ。

なんせ、そのゲームを愛し憎しみながらも戦い続けた果てにある音楽だ。
もうその音楽に突入したときってのは、たとえどうでもいい曲でもこれで長きにわたる戦いが終わるのかと思うと、感動も一押しだ。
思わず正座だってしてしまう。

で、久しぶりにドラクエ3のゾーマの曲を聴いて思わず身震いしてしまったというわけだ。

色々なゲームをプレイしてきて忘れていたけど、
ドラクエ3のラスボスミュージックは、正直熱い。

ラスボスにラスボス用音楽というのは、古きに渡る伝統みたいなものであり、
ないゲームを探す方が逆に難しいと思う。
あの「マザー」なんて、ラスボス用曲で倒しちゃう。

当方が知る限りでは、ファイナルファンタジー2にはラスボス曲がなく、
ドラゴンが入っている宝箱を開けたときに流れるミュージックが使用されている。
FFシリーズでも結構異色な部類の曲であり、(FFシリーズの戦闘曲は口ずさめるタイプのものが多い)アレンジを配布している人も実に少ないのが現状だが、当方はこの曲がFFの中で結構好きな部類であったりします。
(リメイク版は楽曲が追加されていたと思いますが)

また、幻想水滸伝1にもラスボスの曲が存在せず、中ボスの曲がそのまま流れる。
幻水の場合、ラスボスがあまりに弱い結構楽に倒せるレベルなので、
中ボスの曲だからクリアしたユーザーは一応に拍子抜けするパターンが多い。
ちなみに幻水シリーズには2段階変形型のラスボスはおらず、大抵一匹に3.4個のオプションがついている。


さて、話をもとにもどすけれど、ドラゴンクエスト3は当方にとっては黄金期中の黄金ゲームであり、裏技によるバグで勇者がレベル0になったこともあったがバラモスを倒した後に現れた大魔王ゾーマひどく驚いたものだ。
そんなゾーマの曲にいまだに惹かれるというのは、古き日の思いでもあいまってか、感涙すら覚えてしまうほどかっこいい曲なので、出来ることならばプレイの中で聴いて欲しいラスボスミュージックの一つである。


しかし、大魔王ってもう死語っぽいよね。

●せかい-せいふく【世界征服】
1)悪の大魔王の絶対条件。これを掲げるものは、正義の名の下に成敗
することが可能になる。
2)かつての魔王の存在意義にして、今時の魔王にとっての死語

最近のゲームのラスボスは「神」とか「自分自身」とか「世界に絶望した人間」が多いっぽいですな。

⇒RPG大辞典より
[PR]
by nzm_gm | 2005-11-20 01:02 | ネタ・雑談

OPEN:1999.4 / size:1024*768 / mail:cpaot408★hct.zaq.ne.jp (★⇒@に)