神倉みゆ個人サイト 清く正しいFLASHと 腐女子同人が混同
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧
muzie楽曲紹介 楽曲-103-
久しぶりにmuzie楽曲紹介です。
前の分もまとめなくちゃいかんのですが・・・

■アーティスト■Nausicca
■楽曲名   ■1214
■ジャンル  ■Instrumental
作者コメントは「月に住む子供の話 」
物悲しい音色が冒頭から静かに流れ込みます。ピアノの旋律が、子供に聞かせる御伽噺のようにゆるやかで、何かを懐かしむような声が聞こえてくるような曲です。
中盤あたりに入ってくる明るい音色は、楽しそうながらやはり「思い出の中」といった風で全体的に静かな思い出を髣髴とさせる。静かな夜に、眠る前に一度引き込まれたい楽曲です。

■アーティスト■セルフレーム
■楽曲名   ■夜の深緑色
■ジャンル  ■Instrumental
ギターの高い音色がタイトルどおりに流れてゆく楽曲です。
ただこの曲の雰囲気そのものだけに、フレーズだけに集中したイメージ的な楽曲。
ゆっくりと回り続ける夜の螺旋を延々と回り続ける、そんな雰囲気がとてもよく似合う楽曲です。
[PR]
by nzm_gm | 2005-03-20 04:26 | 楽曲紹介
王の帰還を改めて見る
ロード・オブ・ザ・リング(以下 LOTR)を見ていない方にまずは説明したい。

LOTRのエルフについて


古くからのファンタジー大好きっ子にとっては「エルフ」とはどういった存在だろう。
おそらく次のようなことがあげられると思う

・魔法使い
・か細い ひ弱 素早い
・弓使い

LOTRの小説版はまだ最初の方しか読んでいないので不明だが、
映画のLOTRのエルフを見て、普通にファンタジーをたしなんで来た人はまず驚愕する。

この作品に登場する エルフ種族の「レゴラス」というキャラクターは思った以上にハチャメチャエルフだ。
今までのエルフの概念を根底から覆すエルフともいえる。
とりあえずこのエルフがいたらラスボスにも楽勝で勝てるような気さえする。
おまけに要領が激しくよいところがエルフの最大の特徴ともいえる。

このエルフが持つ能力は
・99.9%を誇る弓の命中率
0.1%は作中で敵の耳を狙い弓矢を放つ瞬間、ドワーフがちょっかいを出したため、隣にいた敵の胸を直撃した。
実質的には深い狙いを定めた100%の可能性もある。

Bダッシュ5回連続攻撃可能
もとからスピードの速いエルフだが、レゴラスの場合、息が切れることなくさわやかな顔でこれをやってのけるの為、HPよりもスタミナ能力が異常に高いと思われる。

・射程範囲のない弓矢
どんなに風がふこうとも、たとえ塔の上に弓矢を放っても
必ずあたる魔法の弓。
狙った獲物ははずさない。

・乗馬力
超スピードで走ってくる馬の首をつかみ、そのまま240度回転するように飛び乗る。
当方はこれをCGであると認識したが、違和感がありそうでないこのシーンは 役者自身にエルフが乗り移っていたとしかもう思えない。

・接近戦
高みの見物ということはなく、このエルフは、馬上でも、そうでなくとも強い理由として、
接近戦での異様な強さを誇る。
的確な攻撃は弓矢使いならでわとも思うが、私にはアサシンにしかみえない。

・ペタリハンド
まずはこのムービーを見ていただきたい
⇒30分FLASH劇場
このエルフ。象の足元にしがみつき、上に乗っている敵30匹程度に向かって弓をうつわけだが。
この際どうみてもこのエルフの足の裏が象にくっついており、絶対むり絶対むり
この映像を見てもおわかりのように、何かもうやりすぎというか無敵
スターロードまっしぐら

異常 以上のことから
・か細い ひ弱
という言葉から まったく縁遠いエルフが誕生した。
これはある意味 伝説的な瞬間だといえる。
正直な話、これを機に「弓使いのすばらしさ」を認識したプレイヤーも多いと思われる。

というわけでハチャメチャエルフの大冒険を見たい人はぜひともロード オブ ザ リングをオススメする。




-----------------------
~王の帰還~スペシャルエディションで
ボロミアがでてきたよ。
でてきたよ。
いい顔してるよなぁこの人。
父君がボロミアの幻を食い入るように見つめているとき、
当方も画面に食い入るように見つめていました。
orz
[PR]
by nzm_gm | 2005-03-19 17:10 | ネタ・雑談
王の帰還 そのうち大佐の帰還とかやれ。
TOP上のロイさんを更新。
今のところランダムパターンは計5点。
実はこれ、ちょっととあることで試しに作ってた代物なのですよね。
お目見えできる日は来るのかしら。



ロード・オブ・ザ・リング~王の帰還~(以下LOTR3)スペシャルエクステッドエディションよーやく入手。
映画は3回くらいみにいきました。
ですが吹き替え版が見れなかったので、TVで我慢しますー。
ROTLの吹き替えはレベル高いんですよね。

吹き替え色々が話題に上っていたこの映画。
何故上っていたのかといいますと。

LOTR1の劇場版の字幕が、翻訳者のナイス脳内変換だったからです。

LOTRを小説で見ている人はもちろん怒り心頭。
見ていなかった当方ですら、妙な違和感を感じてついていくのに必死。

⇒ロードオブザリング:字幕問題の資料庫字幕改善連絡室さん)

こちらのサイトでは特に一番酷かった、最初のLOTRについて全てまとめておられて、
正直言うと映画を観なくてもここのサイトみたら第一章は全て把握できるほどです
それだけナイス脳内変換が行われまくったということでしょう。

2.3章は字幕の方はだいぶ改善され(それでもまだ不満点は残る)
もちろん上記劇場版もDVDではそれなりに改善されています。


LOTRは吹き替え版がいい、という意見が非常に多いのは
確かにキャラクター一人一人の声優がガッチリはまりきってるのもありますが、
一番はこのハチャメチャ誤変換が原因でしょう。

正直この字幕の所為で当方は少なくとも
・ボロミアは多重人格者
・フロドはえらそうなひと
・ゴンドール(ボロミアの故郷)の滅亡

という勘違いを思い切りしましたが、実際のところ

・指輪の魔力に引き寄せられて境をうろついているボロミア
・フロドはちゃんと敬語を使う子
・ゴンドールの衰退

滅亡と衰退だいぶちがうなオイ

特に劇場版ではボロミアを絡ませる字幕の扱いが酷く、「ボロミアは悪人」という印象というかイメージが完全にすりこまれてしまった。

その後みた吹き替え版のボロミアのいい人なこと!!!!!
字幕と吹き替えでここまでイメージの変わる人も早々居ないと思います。

参考までにボロミアのセリフ
【字幕版】
「父は高潔な執政官だ/だがその統治は困難が多く─/民の信頼を失った/父の意志をつぎ復興させたい/ゴンドールに再び栄光を

【直訳版】(上記サイトにて
(我が父は高潔な人物だ、しかし彼の統治は失敗しつつある。その上我らの...我らの民は信念を失っている。彼は私に事態を善くすることを期待している、そして私も、私もそうしたい

これが当方がボロミアを「権力にかられた男」と判断し自分の野望の為に共に旅をしていると判断した理由です。
直訳版の方はどうでしょう。民を呼び覚まし、民の為に、といった雰囲気がつかめますね。
実際、ちゃんとした訳版と2章(DVDスペシャル版)のボロミアはとてもがんばっている人でした。
彼といったキャラクターは非常に人懐っこい笑みをする朗らかな人物であります。萌えます。
「あんたを王と認めたわけじゃないからな ぷんっ!」
といったシーンがありつつ(一部摸造)、ホビットたちと戯れる姿は一時の休息でもありました。



しかしながら不幸ボロミア。
もっとも、扱いが酷いといえば、2章で撮影に加わっていたにもかかわらず、
劇場版ではまったく出てこなかった(DVD版にのみ収録されている)のは
かわいそうとしかいいようがありません。

更にボロミア役のショーン・ビーンなのですが高所恐怖症なのでヘリに乗るのを超絶拒絶。
「俺は雪山を歩いて登る」といって、衣装を着込んだまま雪山を登るその姿を、ヘリから見た六人の仲間たちは「本物のボロミアが歩いている」とコメントしただとか。
まったくもって。


ボロミアってかわいいですよね!!!!!!


途中から論点がずれていますがキニシナイで下さい。
[PR]
by nzm_gm | 2005-03-18 13:42 | ネタ・雑談
人権擁護法案関連
18日(明日)、自民党法務部会で人権擁護法案についての会議が予定されています。

というわけで15日は逃れたけど、まだ攻防戦が繰り広げられています。
まだ間に合うので、意見する人はメールしよう。

この件に関して「ワケワカンネ」人は
人権擁護法案について(デスノート風) FLASH版(上にあるやつ)
を見てやってください。

現在700通もの反対メールが送られている模様です。これは数としては相当多い。
しかしいくら送っても「足りないなんて事はない」のです。
反対派の人で、送ろうか迷っている人はぜひとも行動に起していただけるとありがたい。


どうやら「拉致議連」が反対の声明を掲げた模様。(本日19時)
⇒拉致議連、人権擁護法案に反対の声明

ニュースは相変わらずほとんど明確な事を取り上げない状態で(さくらTVを除き)
実は相当不利な状況であるのです。

こんなバカな事通るわけないじゃない?
って考えもあるかもしれませんが、一度向き合ってみるのもいいかと思います。



また、今回のFLASH、「わかりやすい、危機感がもてた」とのお声とともに、リンクを貼ってくださっている方々、ありがとうございます。
いくらでも利用してやってください。

常に伝えることをメインとしてFLASHを作り続けてきた当方、
これ以上にありがたいことはありません。

元となったテキストの製作者様、編集につきあってくださったのしさんありがとうございます。
[PR]
by nzm_gm | 2005-03-17 21:46
地味にサイトアップグレード 三本立て
さて、地味に更新かけてます。

とりあえずLINKページを大幅修正。
閲覧タイプを変更しました。
鋼とFLASH へのリンクが増えています。

TOPにたたずむのはロイたん。
暇があればランダムパターン追加したいねぇ。

MAPのとこにプロフでもかきます。

あと秘密部屋・・・。さてどこかしら。





そんなことより
⇒私的似非ベジタリアンさんの
三月の日記がとんでもないことに!!!!

いつものこと、というツッコミはナシで。

ほぼ毎日ウォッチして、時には読み上げTOOLで読み上げてもらい、
脳みそグラグラになりかけたりして楽しんでいるのですが。

なんか右のコマでお花が葉っぱつけたままトンで行っているのがやけにシュールです。
個人的には最後のコマの、猫耳な熊を取り巻く光が何者なのか夜も眠れません。
そもそもこれは漫画なのか。

神倉はnnmさんを毎日応援しています。




さて、エロチック街道 ~妹オーディション~さんとこの記事で
明石家さんまは「自分が喋ったことを出来うる限りテロップで出さないで欲しい」と番組のスタッフに頼んでいる

てなお話がありましたが。
字幕スーパーは展開によって面白いからいいんですが、
当方が気になったのは、漫才系のお笑い番組で、漫才のセリフにテロップ

だめだこりゃと思ったのは私だけでしょうか?

お笑いに対してとてつもない押し付けっぽさが感じられる。
で、一番気に入らないのが、耳で聞く前に出現するテロップ。
1秒差だがいきなりネタバレされたような気分になって欝になる。


テロップは要所によって最高に笑いを同調できる瞬間がありますが、
ピンでやってる漫才にテロップは正直ゴミくずだと思います。
[PR]
by nzm_gm | 2005-03-17 16:28 | ネタ・雑談
人権擁護法案について(デスノート風)FLASH版
テキスト大幅修正


[PR]
by nzm_gm | 2005-03-16 23:17
il dolce stile nuovo
こんかいの人権擁護~で、やたらと「この音楽はなに!?」と聞かれるので
今日テキスト修正と一緒に音楽変更予定~。

この曲は当サイトのFLASH置き場[DEATH NOTE-退屈-]で
聴けるのでそちらにいってみてね。

ちなみにFULLバージョンは10分もある大曲で、中盤から後半にかけてのバイオリンも素晴らしく良い。
[PR]
by nzm_gm | 2005-03-16 19:10
鋼のFLASHゲーム レビュー2
鋼のFLASHゲーム

⇒FULLMETAL ALCHEMIST内にある「QUEST FOR THE PHILOSOPHER」


さて、コメントやBBSで2面の攻略法は皆様に教えてもらいました。
この場を借りて再度お礼を申し上げます。

ここで休憩がてらにレビューでもやってみようかとおもいます。

まずこのゲーム。
玉をとって足場をつくり、穴に落ちないように最新の注意を払いながら扉まで向かいます。


1面は基本操作と、ジャンプになれるために作られたものでしょうか。
幾度となくプレイしているとこなれてきて、ボーナス点を残した状態でクリア可能です。
また、ジャンプの仕方によっては、一気に二段三段飛び越せるので短縮してもよいでしょう。

クリアするとエドが壁に扉を錬成するムービーが流れます。

次に2面ですが、この面でおそらく最大の難関と思われる
バグ 透明の点線にむかってジャンプし、うまくいくと何故か引っかかるので
そこで再ジャンプをかます技法です。
まず、製作者の戦略とはすばらしいものだと感じます。
ここでたいていのプレイヤーが苛立ちを感じ、幾度となく挑戦してジャンプしていれば
うっかりミスで穴に落ちてしまったり、何もない点線でいきなり頭ぶつかったように
ジャンプ軌道が変わり落ちてしまうのです。
実にものすごく計算高い製作者といえるでしょう。
そしてここをクリアするとまるで「ごくろうさま」と言わんばかりに、1面よりなステージ展開が繰り広げられ、無事2面をクリアすることができます。

クリアするとエドが壁に扉を錬成するムービーが流れます。(一面と同じムービー)

さて。ここまでくると、三面の難易度は若干あがっています。
またそのコロには1面が慣れてきて、調子にのってジャンプしたり冒頭でダッシュジャンプなどすると、スーパーマリオブラザーズよろしくジャンプした瞬間
頭をぶつけてクリボーに激突ならぬ転落死がまっているので、気を抜かずクリアしてゆきましょう。

三面では初出現。
過去のレトロゲームでも恐怖でおなじみ 消える床が出現します
またそ知らぬ顔で床をご用意してくれている為、安心していると突然床がフェードアウト。慌てている間に0.5秒で黒い人に「バカだな、またきたのか」と囁かれる気分になるのでここでは 消える床はどこであるか、をしっかりと見極める必要があるでしょう。
またこの面ラストにある消える床+連続玉3つは、調子に乗って走ると
バグ製作者の罠により床をすり抜けて転落死することがあるので注意しましょう。

クリアするとエドが壁に扉を錬成するムービーが流れます。(一面と同じムービー)

そろそろ同じムービーの使いまわしに飽きて、プレイヤーの心身もつかれきった頃に四面に突入です。
この面では消える床をさらに上手く調理されておられます。
1-3面をプレイしますと「玉の下にある点線は玉を取ると床になる」という概念が
すっかりプレイヤーに刷り込まれています。
その盲点をついたかのように、
とった球の下には床が発生しないという状況が発生し、その頃1機しか残っていなかったプレイヤーの精神をズタボロにしますので注意が必要です。
また、この面からさらに姑息に消える床が設置されておりますのでご注意ください。

クリアするとエドが壁に扉を錬成するムービーが流れます。(一面と同じムービー)
そんな頃にこのムービーはエンターを押せば飛ばせることに気がつくでしょう。

続いて5面です。
「ラストステージ」とかかれていないことから、不安がよぎりますが、とりあえず五面がラストなのだと信じ、ふんどしをしめてかかりましょう。
4面でだまされたので「今度は注意するぞ」と、一度目の前の玉をとって確認してから
出来上がった床に乗るとあらふしぎ。
即効で床が消えますので「ようこそ命知らずのバカヤロウども」と黒い人に囁かれる気分になるのを必死で抑えながら転落死です。
真理に負けないように心を強くして生きてください。

また、この面は普通の床より消える床の比率が異常に高いので、
玉取りジャンプ!玉取りジャンプ!を心がけましょう。
しかし調子に乗ってきたところで、またもや製作者の陰謀か。
慌ててジャンプした床が実は消えない床で、次こそが消える床であったというトラップが待ち構えまくっています。
またこのあたりのワナは、再度1面からプレイしているとうっかり忘れがちなので、
いっそのことマップ作ったほうがいいんじゃないかと思いますが
そんな世迷言は捨てて目先の状況を確認しましょう。

さて、扉が見えてきたあたりで、当方の精神
「ヤッてられっかーーーーー!!!!」
となりましたので、ひとまずはここでレビュー終了となります。

このゲームがファミコンならば、思わずファミコンに向かってコントローラーを投げるか
カセットを引っこ抜いて壁に投げつけて、荒い呼吸を直してからカセット挿入して
再度プレイしているでしょう。


そういった意味でこのゲームはスペランカーにとても近い部類だと思います。
クリアできそうでできないジレンマ。一瞬のミスが命取り。
3面までに一機でも死んだらリセット等は、昔のゲームでよくあることです。
多くのレトロゲー(この場合ファミコンをさす)を髣髴とさせる徹底したワナの張り方がすばらしいゲームだと思います。

ちなみに補足ですがBBSでも書き込んでくださった方が言うように
アルは安定感がある印象がありますが、それは絵柄的な問題で
「図体でかいから頭が当たって転落死」が多く発生します。
このルイージ的役割を決定されたアルフォンスは不幸としか言いようがありません。



当方はアクションゲームが苦手です。
[PR]
by nzm_gm | 2005-03-16 02:07 | ネタ・雑談
鋼のFLASHゲーム
⇒FULLMETAL ALCHEMIST
内にある「QUEST FOR THE PHILOSOPHER」って言うゲーム、正直どうよ?
(情報源:ヒューズの遺産さん)

で。挑戦してまいりました。

プレイヤーはエドかアルを選び、進んでゆくタイプのアクションゲームと申しますか。
ただ昔からのゲームマニアはとても懐かしい感覚に襲われると思います。

操作性がマリオブラザース+若干スーパーマリオ(スーパーマリオでないところがネック)
のテンポはスペランカー
※操作性についてはもっと似ているゲームがあったと思うのですが、名前が出てこない。

⇒スペランカーについてはこちら

プレイヤーは玉のようなものを取り、それをとったエドが近くにある足場を錬成。
その出来た足場に乗り、すべての玉を集めて面の門まで突き進むと一面クリアとなります。

さて、アクションゲームが苦手な当方は 何人のエドが落下したのか既に数え切れませんがとりあえず1面クリア。
クリアするとエドとアルのアニメーション(おそらくTVで放映されたもの?)が流れ、英語のエドがお出迎えしてくれます。


さて、問題は二面です。


この二面、何故かプレイヤーが最大ジャンプできる位置に、その玉がなく、
足場が作れず先に進めません
困ったどうしよう。

それに加えて二面開始当初に左へ突き進みつくすと
何故かエドは奈落のそこへダイブ。
このあたりはファミコンの超難易度ドキュンのクソゲー
⇒カラテカ
に実に告示しているというか、忠実に再現されているところがすばらしいです。作者の意図はなかったことに

なお、落下した後にエドが一機でも残っていれば、なぜか地面のブロックに激突すると
落下劇が見られます

というわけで2面以降先に進めないので、進み方わかった人教えてください
[PR]
by nzm_gm | 2005-03-15 22:08 | ネタ・雑談
レノとルーファウスに萌える
⇒FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN
内トレーラー(宣伝用ムービー)にて
トレーラー4が追加されています。


いつの話題だ
※1月28日にアプーされてた模様


こちらでも嬉しいことにレノ(藤原さん:鋼のヒューズ役)と、ルーファウス(大川さん:鋼のロイ役)が前回同様にチラリズム
前回のトレーラーには無かった二人の掛け合い

ルーファウス「レノ 頼む」 
レノ「はいよっ・・・と」

という、うっかり鼻血モノ 気軽な上司と部下の関係が楽しめます。


そして個人的には「はいよっ・・っと」
                 (SE:ズガガガガガガ)
「・・・っと」のセリフと同時にバレットのマシンガン攻撃が入るのが激しくウザイです。
しかし藤原さん、こう、溜めて吐き出す声が色っぽいですね!ヒロシだぞ、と。

(前者のセリフがルーファウスかどうかは未確認ですが、
 『ルード→???→レノ→イリーナ』と流れるセリフが神羅メンバーなので、間違いないかと)

補足:どうやら、「ルーファウスではなく別の人物では?」という意見が出回っています。
    レノの直属の上司・・・・という噂もありますが、彼はとうに死んでおりまして。
    けれど見事な爆撃の中で生きていたというルーファウスの事例もあることですし
    わかりませんねー。
    コメントくださった方ありがとうございます~


ルーファウスはレノの上司に当たる存在であり、一度ジェノバ破壊光線ビームにより死んだ(と思われていた)とはいえ、生まれながらの社長気質をもっています。レノもまた、部下でありながら上司を上司と扱わないノリで飄々とした道化さんなので、目をつぶっていれば簡易ヒューロイくらいは楽しめるかもしれません。

ここは偉大なるMAD職人の登場を待つしかありません。

ちなみに当方はレノルーが好物です。
[PR]
by nzm_gm | 2005-03-15 15:31 | 801

OPEN:1999.4 / size:1024*768 / mail:cpaot408★hct.zaq.ne.jp (★⇒@に)