「ほっ」と。キャンペーン
神倉みゆ個人サイト 清く正しいFLASHと 腐女子同人が混同
<   2005年 04月 ( 34 )   > この月の画像一覧
ファイアーエムブレム 聖魔の光石をお勧めする
d0003141_1124994.jpg
初描きがこれというのもどうかと思う。

ファイアーエムブレム 聖魔の光石

このゲームの特徴は、今までのFEシリーズにない(はずだよね?)
ヤリ使いの主人公。
エフラム皇子が存在する。

双子の妹が剣使いなのだけれども、それに反して兄はヤリ。
正直最初は「なんだよ ヤリで歩兵かよ」と思ったものなんだけれども
この主人公がクセモノだ。

初代FEの主人公「マルス王子」は故郷を追われ、わずかな兵と共に敵国に立ち向かう。
平和を愛する主人公。正義感があり、やさしい性格の持ち主とされている。

聖戦の系譜でも父のため、母のために戦う主人公や、
封印の剣でも同じく「主人公らしい主人公」が登場してきた。


だけれどもこのエフラムという主人公。
何より暴走族王子様。


将来の夢は「傭兵となって名を上げたい」
とてもFEの主人公が発言するセリフとは思えません


まずはこのマップを見ていただきたい。
⇒第五章

エフラム王子が始めて操作できる面なのだけれど、この王子
たった4人で突撃をかましてくれます
彼の言い分だと
「逃げたと思いきや、この人数で砦を落とすとは相手も考えまい」
とのこと。
また「負ける戦は絶対にしない」などということをほざき、特攻します
巻き込まれる若手二名の騎士がかわいそうでなりません。

当方は「きっと仲間が中盤で現れる」と思っていたのですが、
この面で追加の仲間はなし。たったの四人でこれだけの敵を撃破しにかかります。

この面が終了直後、結局エフラムは罠にかかってしまい、表に出てみれば
敵が見事に彼らを包囲。
絶体絶命、ああ捕まるんだなと思いきや、
「お前らと遊んでいる暇などない」
などと更にほざいて、コレだけの包囲網を完全突破。

一方妹の軍は兄を助けるために大人数で突撃をかましますが、
兄が捕まっているどころか、のうのうと走り回ったあげくに
再び出現。
感動の再開どころか「敵をすべて倒すぞ!」と再び暴走王子っぷりを発揮します。

彼が心酔する辞書には
「やられるまえにやれ」とかかれていることうけあいです。


会話の中で、彼の部下である騎士にすら
「この前、傷を負ったまま、
敵陣の中へ突撃されましたね?」
などとたしなめられる始末。
挙句にエフラムが前に出ようとしたら階級を問わず引き止めよ、という指令まででる始末。
このことからも突撃っぷりが伺えます

普通、主人公がやられてしまえばゲームオーバーになるのがこのゲーム。
しかしこの主人公、ゲームオーバーになる微塵すら感じられず
むしろ周りの人たちが死んでゲームオーバーが多数。
突撃王子の名にふさわしく、華々しく戦場のど真ん中特攻隊状態。
ふるうヤリはことごとく改心の一撃、敵からの攻撃はあっさりとかわす
最強の歩兵です。

そんな王子なのでぜひ遊んでみてください。
[PR]
by nzm_gm | 2005-04-29 01:36 | ゲーム/漫画
ファイアーエムブレム プレイ日記
さて、恒例となってまいりました。

ファイアーエムブレム(以後FE) プレイ日記。


ことの起こりを知らない人たちに軽く説明いたしましょう

初代FEが好き

けど聖戦の系譜でジグルドさん隕石激突がトラウマに

なんかGBAで3作くらいでているらしい

とりあえず一番新しい「聖魔の光石」購入

プレイのしやすさに驚く

ゼトたん(;´Д`)ハァハァ



というわけで
ゼトたん萌えを糧にようやくクリアした「聖魔の光石」
残りの二作をプレイすべく「封印の剣」を買ってきたってわけですよ。


封印の剣 烈火の剣はストーリーが繋がっており、
封印=子供世代
烈火=親世代
となるわけです。
しかし剣が先に発売となっていたので、必然的に烈火は「外伝」といった扱いになりますね。



さてそんなかんじで、現在「烈火の剣」をプレイしています!!!!


・・・・



え?
封印はどうしたのかって?




ええとですね。
ほら。あれですよ。


うん。あのね。第五章目までいってたんだけどね。


どうも男前とおぼしきキャラクターに萌えが足りないのね。

ほら、萌えは全ての活力原!

初代FEだって移植される時に!

萌えのために顔の形すら変えられた人がいたじゃぁないですか!




そんな感じで、烈火をプレイしてみたのですが。
なんですかこのリン編の萌え比率は。
FEシリーズでは大抵「3人に1人は萌え」というパターンが多いのですが、
一番簡単なリン編をプレイすると すべてが萌えキャラというのに驚きを隠せません。

なにより、以前申し上げた「FEにおける緑&赤コンビ」の中でこの二人が一番好感度高いです。
d0003141_12505744.jpg
←FEにおける赤緑コンビ(聖戦シリーズを除く)
 上から順に
初代 赤:精悍  緑:マジメ

封印 赤:熱血 緑:?

烈火 赤:マジメ 緑:ナンパが趣味

聖魔 赤:のほほん 緑:マジメ

記憶を頼りに描いているので許しておくれ。


そんなわけでリン編は一日でクリアしたので、現在赤髪の主人公編に突き進んでいます。
[PR]
by nzm_gm | 2005-04-28 12:58 | ゲーム/漫画
電車男が漫画になってた
さて 当方の雑談でも幾度か取り上げていた

⇒電車男

どうやら漫画化していたらしいです。
※コミックスが先日発売された模様

⇒原先生の「電車男」

原秀則先生といえば「やったろうじゃん!」を筆頭に
「冬物語」「ジャストミート」「いつでも夢を」など
ヤング雑誌における青春漫画を手がけていた漫画家。
アダルト版あだち充と当方は勝手に思っています。


というのもヒロインが物理的or精神的に酷い目にあってしまうことが多く
見やすい絵柄とストーリーの流れであるから余計に心痛く感じてしまう内容が多いです。

先生の中で一番有名な作品
「やったろうじゃん!」
は、高校生野球漫画でした。
1年生の間はよかったのですが、2年生になって肩を壊した主人公(?)を支える
ヒロインとの恋愛物語が繰り広げられます。
が、色々とごちゃごちゃがありまして、ヒロインが強姦されてしまったり、
それを乗り越えて主人公が成長するという物語になっていましたが
当方の中では後半は無かったことにしたいです。



「いつでも夢を」にいたっては、
高校生の主人公(男)が漫画家を目指すお話なのですが、
ここでも原先生特有の青春恋愛が出てきます。
一緒に漫画家を目指してきたヒロインが一躍有名漫画家に。
妬みを感じながらも前向きにがんばる主人公。
しかし、連載を続けるヒロインは色々とあって精神が壊れてゆきます。


この作者とまったくタイプの違うほのおもゆる島本和彦先生の漫画
「燃えよペン」も漫画家が主人公の話ですが、
アシスタントが作った恋愛漫画の内容を主人公である漫画家に見せるシーン。
アシスタント「ここでA子とB子に告白されちゃうけど本命のC子とつながれてハッピーエンドですよ」
主人公「ばかもーん!A子とB子はどうなる!
    主人公がハッピーだったらそれでいいのか!?」
というようなことを描かれています。


ようするに原先生の漫画は
「主人公の男性が最終的にハッピーになればそれでよし」傾向が強く、
その間の過程で過酷な運命を背負っているのはヒロイン
というパターンが上記2作で理解されたと思う。



そんなかんじで「電車男」が原先生の手によって漫画化されました。

主人公の男性が最終的にハッピーという点では
これ以上にないコラボレーションであり、最強のフィールドです。
原先生ならば彼の絶対領域の中に入っている「電車男」を上手く調理してくれることと思います。

ただヒロインのエルメスはいたって普通の女子らしいので、あまり可哀想な目にあわせないで頂きたいと心底思います。


個人的に原先生の漫画の描き方は当方に強く影響していたりしますw
あのコマの間が好きなんだよなぁ。
[PR]
by nzm_gm | 2005-04-27 12:21 | ゲーム/漫画
ダライアスシリーズのアルバムが出るらしい
⇒ダライアスシリーズのアルバムが出るらしい

しかも限定発売。
ダライアス好きとしては買っておきたい代物ですが、初代と2をプレイしていないので、どうも手が出せません。
が、ダライアスシリーズが大好きな人にはヨダレものなので、ちぇっくしておくとよかろうかと。


何を隠さなくても当方はダライアスがとてもとても大好きで、
何しろこんなものまで作っちゃってた頃もありまして

⇒Gダライアスのファイアーフォッスルメインムービー(1999)

Gダライアスから知った当方にとっては初代と2は見たことがなく、
これがPS2で詰め合わせパックで出るなら3万までなら出してでも買うというほどに
ダライアスが大好きです。

カニさんや巨大イカが出てくるの「ダライアス外伝」はセガサターンでしか
コンシューマ化されておらず、GダライアスにいたってはPSで発売されたのですが、
弾数による処理落ちや、本来なるところまでなる音楽が途中で切れてしまうなど、
当方にとってちょっと不満。

丁度この頃に「デュアルショックコントローラー」が登場し、
Gダライアスのために購入いたしました。

Gダライアスではやっぱり大好きなのはファイアーフォッスル(ムービー内に出てくる魚)
各所を攻撃していって、最後に尻尾からΒビームというものを吐き出す瞬間が
またかっこよく、それを切り返す自分に悦ってみたり、指が擦り切れるほどに連打していた女子もどうなのかと思いますが、それほどまでにダライアスは大好きなのです。

ラスボスのクリオネさんも亀さんもクジラさんも、それはそれはかっこいい登場シーンでありまして、個人的にバリアーをはっちゃう三面のボスなども好きでした。
Gダライアスはボスが登場した瞬間の演出がとっても萌えるのです。

そんな感じでダライアス。ビバダライアス。
プレステ2移植を求みます。

携帯用ゲーム機でシューティングをやるのはつらいんです
[PR]
by nzm_gm | 2005-04-27 01:50 | ゲーム/漫画
オススメFLASH
さて、思い出したようにオススメFLASHの紹介だ。

⇒Bearskinrug, The Work Page

こちらのサイトの右っかわにいるクマに注目していただきたい。
とても可愛い。
実はこれFLASH。

※血とかブラックジョークがダメな人は触らない方がいいね

クマにウサギを与えると食物連鎖を思い浮かべます。
特にクマさんに鳥を与えるとなんかもう
「えっ!?(ガビーン)」
って気分になれます。

クマながらあっぱれ。
ものすごいバリエーションがあるので色々クリックして
そんな俺がつられクマーを楽しんでみよう。
[PR]
by nzm_gm | 2005-04-26 18:00 | ネタ・雑談
FEプレイ日記~封印の剣~
さて、現在
ファイアーエムブレム~封印の剣~進行中です。

第五章まで突き進みましたが、どうも萌え燃えできる当方好みのキャラクターが見当たらない。
半裸の傭兵は半裸でなければよかったのにと思います。

前回プレイをご報告していた 聖魔の光石は、今までのFEシリーズと
まったく違うタイプの絵柄であり、その絵柄が当方の心にクリーンヒット。
(ドット絵はFEシリーズそのものだったが)
すっかり定着した状態で、まったく設定が重なることのない「封印の剣」に行ってしまったので
雰囲気のギャップに慣れ親しむまで苦労します。

といっても、キャラクターに違和感があるだけで、システム自体はまったく変わらないFE。
感触的には
「聖魔の光石は今までのシリーズの中で難易度が低い」
といわれた理由がよくわかりました。
聖魔の光石では、アイテム整理を容易に行えます。アイテムもいつでも購入し放題。
どうやら封印の方では現在のところ、プレイ中にアイテムを手渡ししてゆくしかなさそうです。
そもそも聖魔の光石が異色だっただけの話なのですが、
初めてFEをやる方は断然こちらがお勧めですね。

また封印の方はのっけからいい感じの戦略が組める敵の強さというか、
マップ難易度自体がのっけから高いと感じました。



さて、そんな面白くないレビューはさておきですね。


FEシリーズにはいくつかの「お決まり展開」というのがあります

・キルソードの洗礼
・赤緑コンビ
・パラディン伸びない

どれも初代ファミコン版FEで築かれてきた大切な絆
ファイナルファンタジーで言うシドのような存在。

・キルソードの洗礼
初代FEで登場した「ナバール」という長髪の傭兵が持っている剣が「キルソード」
一撃必殺改心の一撃が出やすく、さっさと殺してしまえばいいのだが、
女性が話しかけるとコロリと仲間に入ることから
「殺さず捕獲」をしようとして洗礼を受けるプレイヤーが続出。

封印の剣、聖魔の光石でも上記類似キャラクターが存在する。


・赤緑コンビ
初代FEで主人公の僕の騎士であった「アベル」と「カイン」
二人の風貌が「緑」「赤」だった為、以降シリーズで赤緑が出現する場合が多し。

・パラディン伸びない
初代FEにおいて、第一章で出てくるパラディン(要するに強い騎士だ)「ジェイガン」は老人
実に強い力を誇るが、最初からレベルが高いため、経験値が入ってこない。
更にレベルアップしても、成長率が死亡寸前。



と、こんな感じでお決まりの役目をもったキャラクターが出てくるのがFEシリーズ。
しかし聖魔の光石のパラディン「ゼト」さんは、
非常にお若い方でしたので、「俺はまだまだいけますよ」と言わんばかりに
パラメーターが上昇する。
やはりネックは年齢だったようだ


そんな感じで現在プレイ続行中。
[PR]
by nzm_gm | 2005-04-25 01:10
ファイアーエムブレム 聖魔の光石 プレイ日記
さて、まだやってましたよ。

⇒ファイアーエムブレム 聖魔の光石 

お絵かき大好き騎士×爆走暴走突撃槍皇子
とか
貧乏農民出身のドラゴン使い×代々騎士出のサラブレットお兄さん(推定年齢32歳希望

顔に傷あり人生謳歌に渡ってきた大人の傭兵×プライドがっちり俺の理想の国を作る皇子

などに萌えてまいりましたが
ようやく終盤の時を向かえクリアいたしました。

上記の当方の好みを見ておりますとどうも当方は、
微妙下克上。権力者だが一般市民に教えられることが多い、系統が好きな模様です。
当方が騎士同士の萌えに行けないのはどうもそのあたりに角質がある模様。
どうでもいい話ですが。


そんなこんなで。


最終章一歩手前の面で、制圧まで残り1秒だったところで
お絵かき騎士さんが お亡くなりになってしまいましたが
君の死は無駄にしません。
さようならフォルデ!ありがとうフォルデ!
もう同じ面を六回もやりなおす根性は私にはありませんでした。orz


そんな感じでフォルデさんのエンディングは
「○○の面で倒れる」
となってしまい、最後の最後で妙な心のしこりを残したままクリアです。

現在プレイされている方は、私のかわりにフォルデさんを大事にして差し上げてください。
たとえ、弟に大幅にレベルを追い抜かされてもかわいがってあげてください


さて。


封印の剣を買ってまいりました。

⇒ファイアーエムブレム 封印の剣

封印の剣は2002年に発売されたゲームの模様。
先ほどちょっとだけ触ってみましたが、
驚くほどに「聖魔の光石」との格差がないグラフィックと操作性。
というか

かわってねぇ。

FEはぶっちゃけストーリーよりも、マップごとの攻略を楽しむ当方なので、
今回も楽しく剣士を育てながらプレイしてゆこうと思います。



今からFEを遊んでみようと思う人は、本当にお勧めなのが
今回当方が適当にプレイ報告していた
「聖魔の光石」

封印の剣にはチュートリアルこそありますが、話にきくところ、難しいらしい。
逆に聖魔の方は「かんたん」「ふつう」「むずかしい」の三つのモードがあるので、
FEの第一歩を踏み出すにはちょうどいい作品です。
[PR]
by nzm_gm | 2005-04-24 20:37 | ゲーム/漫画
早歩きするよ
今日はあったかい日差しながら風が強かったので
弁当を守りながら公園でご飯食べてました。



そこに、
超・早歩きの二匹のハト。


ハトっていうやつは「くるーっぽぽ」と鳴きつつ首をふらふらさせながら
鳥類の中で最ものんきに生きている種族。
やつらが早歩きするなど、我々が群れに突入したとき以外はあまりお目にかかりません。



そこで誰にも追いかけられていないのに、
超早歩き。
しかも二匹仲良く




d0003141_15391672.jpg

例を挙げるとこんな感じでした。
萌えました。


春ですから。
[PR]
by nzm_gm | 2005-04-22 15:41 | 801
ボコスカウォーズ
⇒ボコスカウォーズTシャツが発売される模様(情報源:かーずSPさん)

ボコスカウォーズとは、ふざけた名前ですがファミコン初期に存在していたゲーム。
そもそもアクションなのかシミュレーションなのか。
さっぱりわらからないのでジャンルの分けようがありませんが、一応シミュレーションRPGの基礎だったらしいです。

ちなみに、このゲームの音楽につけられた歌詞というものがありまして、

すすめ すすめ ものども
じゃまな敵を けちらせ
すすめ すすめ すすめ
オゴレス倒すのだ

どっちが敵か味方か不明な歌ですが、ゲームはこの曲のとおり
一直線にすすんですすんですすんで激突して仲間を増やし

ぼこすか。

自分がやられていく姿をそこはかとなく見つめる羽目になります。
そもそも当方には激突して死んだ記憶しかないので、実際のところもう少し操作性のあるゲームなんだと信じたいところです。

さて、ボコスカを説明するためにもっとも忠実に再現したFLASHを見つけたので、
ボコスカウォーズを知りたい方はこちらへ。
⇒ボコスカウォーズってこんなゲーム( あ~や‘sFavorite さん)
[PR]
by nzm_gm | 2005-04-22 14:10 | ゲーム/漫画
久米田先生といえば
久米田先生といえば、週刊サンデーで連載していた
「かってに改造」
その久米田関連で何事か盛り上がっているのでご紹介しておきましょう。

⇒久米田先生についてのまとめ (かーずSPさん


そもそもかってに改造の前の作品
「南国アイスホッケー部」は最初の方スポーツ恋愛っぽい漫画だったのですが、
中盤でシモネタ、後半は世間様に顔向けできないコアな展開となって終わっていきます。(18禁という意味ではない)

連載当初は純粋な恋愛ものだった「幽々白書」が、いつしか主人公は妖怪の息子だった というオチがついてくるのに似ているような気がしますが、実のところまったく似ていませんよ。

幽々白書のことはともかく、「勝手に改造」はものすごい勢いで放送禁止コードに引っかかるネタが大満載。 漫画界のやしきたかじんとでもいいますか。
もう生きることもギリギリです。

そこで我らがエニックスが発行する「ヤングガンガン」で先生の読みきりが掲載されたようです。巻末コメントの「夢も希望も想像力も無い僕にファンタジーは描けませんでした。」とありますが、
そもそも先生がエニックスに出てくること自体がファンタジーだと思うのでokです。


さて、先生は何故盛り上がっているのかというと、
今度週刊マガジンで「さよなら絶望先生」という漫画を連載するからなんですね。
とりあえず先生が帰ってくる!ということで、ネットの間では騒ぎになっているというわけです。

「先生はこんどどんなネタを披露してくれるのか」
「タイトルからもう期待が膨らむ」

みんなギリギリなネタを期待しているようです。


ギリギリネタといえば、これもまた古いですが木多康昭先生。
週刊少年ジャンプで「幕張」を連載。
当時、女子高生に人気が高かったTMレボリューション西川くんをネタで裸体で
やってのけた男

「こーごーえそうな~」と西川くんの歌を歌いながら、完全全裸でネクタイのみを首に巻き振り回す狂喜乱舞の丸刈り眼鏡が1Pまるまるお披露目された時に
「本気で殺意が芽生えた」と言っていた友人がおりました。
女子高生すら敵に回すジャンプの連載漫画も珍しいと思ったものです。
(このあたりは記憶で書いてるのでご了承願いたい)

そして最終話ではものすごい勢いで何かを吐き出し去っていきました。
真実話しすぎです木多先生。

それから木多先生は濃いファンの期待を背負ってそのままマガジンに 左 遷
移籍します。
こちらでは「なくようぐいす」という漫画で、当方の中ではギャグと黒さが少ない普通の暗い過去を背負った野球漫画にしか見えなかったんですが、盲目ですか?

とりあえずマガジンで「泣くようぐいす」のように最終話でキャラクターたちが

「もうどうせ終わるんだから編集の秘密暴露して終わってやる!!」
「やめろ!!だいたいマガジンの編集の○秘なんて知らないだろーが!!」
「んじゃ別の雑誌の編集のこと暴露してやる!!」
「違う雑誌の編集は関係ないだろーが他人をまき込むな」
といいながら、ラストは逮捕された主人
※これは野球漫画です

という終わり方をしないように祈っておきたいですね。
( 木多康昭作品考察 さんより抜粋)
[PR]
by nzm_gm | 2005-04-21 18:29 | ゲーム/漫画

OPEN:1999.4 / size:1024*768 / mail:cpaot408★hct.zaq.ne.jp (★⇒@に)