神倉みゆ個人サイト 清く正しいFLASHと 腐女子同人が混同
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
鋼のFLASHゲーム レビュー2
鋼のFLASHゲーム

⇒FULLMETAL ALCHEMIST内にある「QUEST FOR THE PHILOSOPHER」


さて、コメントやBBSで2面の攻略法は皆様に教えてもらいました。
この場を借りて再度お礼を申し上げます。

ここで休憩がてらにレビューでもやってみようかとおもいます。

まずこのゲーム。
玉をとって足場をつくり、穴に落ちないように最新の注意を払いながら扉まで向かいます。


1面は基本操作と、ジャンプになれるために作られたものでしょうか。
幾度となくプレイしているとこなれてきて、ボーナス点を残した状態でクリア可能です。
また、ジャンプの仕方によっては、一気に二段三段飛び越せるので短縮してもよいでしょう。

クリアするとエドが壁に扉を錬成するムービーが流れます。

次に2面ですが、この面でおそらく最大の難関と思われる
バグ 透明の点線にむかってジャンプし、うまくいくと何故か引っかかるので
そこで再ジャンプをかます技法です。
まず、製作者の戦略とはすばらしいものだと感じます。
ここでたいていのプレイヤーが苛立ちを感じ、幾度となく挑戦してジャンプしていれば
うっかりミスで穴に落ちてしまったり、何もない点線でいきなり頭ぶつかったように
ジャンプ軌道が変わり落ちてしまうのです。
実にものすごく計算高い製作者といえるでしょう。
そしてここをクリアするとまるで「ごくろうさま」と言わんばかりに、1面よりなステージ展開が繰り広げられ、無事2面をクリアすることができます。

クリアするとエドが壁に扉を錬成するムービーが流れます。(一面と同じムービー)

さて。ここまでくると、三面の難易度は若干あがっています。
またそのコロには1面が慣れてきて、調子にのってジャンプしたり冒頭でダッシュジャンプなどすると、スーパーマリオブラザーズよろしくジャンプした瞬間
頭をぶつけてクリボーに激突ならぬ転落死がまっているので、気を抜かずクリアしてゆきましょう。

三面では初出現。
過去のレトロゲームでも恐怖でおなじみ 消える床が出現します
またそ知らぬ顔で床をご用意してくれている為、安心していると突然床がフェードアウト。慌てている間に0.5秒で黒い人に「バカだな、またきたのか」と囁かれる気分になるのでここでは 消える床はどこであるか、をしっかりと見極める必要があるでしょう。
またこの面ラストにある消える床+連続玉3つは、調子に乗って走ると
バグ製作者の罠により床をすり抜けて転落死することがあるので注意しましょう。

クリアするとエドが壁に扉を錬成するムービーが流れます。(一面と同じムービー)

そろそろ同じムービーの使いまわしに飽きて、プレイヤーの心身もつかれきった頃に四面に突入です。
この面では消える床をさらに上手く調理されておられます。
1-3面をプレイしますと「玉の下にある点線は玉を取ると床になる」という概念が
すっかりプレイヤーに刷り込まれています。
その盲点をついたかのように、
とった球の下には床が発生しないという状況が発生し、その頃1機しか残っていなかったプレイヤーの精神をズタボロにしますので注意が必要です。
また、この面からさらに姑息に消える床が設置されておりますのでご注意ください。

クリアするとエドが壁に扉を錬成するムービーが流れます。(一面と同じムービー)
そんな頃にこのムービーはエンターを押せば飛ばせることに気がつくでしょう。

続いて5面です。
「ラストステージ」とかかれていないことから、不安がよぎりますが、とりあえず五面がラストなのだと信じ、ふんどしをしめてかかりましょう。
4面でだまされたので「今度は注意するぞ」と、一度目の前の玉をとって確認してから
出来上がった床に乗るとあらふしぎ。
即効で床が消えますので「ようこそ命知らずのバカヤロウども」と黒い人に囁かれる気分になるのを必死で抑えながら転落死です。
真理に負けないように心を強くして生きてください。

また、この面は普通の床より消える床の比率が異常に高いので、
玉取りジャンプ!玉取りジャンプ!を心がけましょう。
しかし調子に乗ってきたところで、またもや製作者の陰謀か。
慌ててジャンプした床が実は消えない床で、次こそが消える床であったというトラップが待ち構えまくっています。
またこのあたりのワナは、再度1面からプレイしているとうっかり忘れがちなので、
いっそのことマップ作ったほうがいいんじゃないかと思いますが
そんな世迷言は捨てて目先の状況を確認しましょう。

さて、扉が見えてきたあたりで、当方の精神
「ヤッてられっかーーーーー!!!!」
となりましたので、ひとまずはここでレビュー終了となります。

このゲームがファミコンならば、思わずファミコンに向かってコントローラーを投げるか
カセットを引っこ抜いて壁に投げつけて、荒い呼吸を直してからカセット挿入して
再度プレイしているでしょう。


そういった意味でこのゲームはスペランカーにとても近い部類だと思います。
クリアできそうでできないジレンマ。一瞬のミスが命取り。
3面までに一機でも死んだらリセット等は、昔のゲームでよくあることです。
多くのレトロゲー(この場合ファミコンをさす)を髣髴とさせる徹底したワナの張り方がすばらしいゲームだと思います。

ちなみに補足ですがBBSでも書き込んでくださった方が言うように
アルは安定感がある印象がありますが、それは絵柄的な問題で
「図体でかいから頭が当たって転落死」が多く発生します。
このルイージ的役割を決定されたアルフォンスは不幸としか言いようがありません。



当方はアクションゲームが苦手です。
[PR]
# by nzm_gm | 2005-03-16 02:07 | ネタ・雑談
鋼のFLASHゲーム
⇒FULLMETAL ALCHEMIST
内にある「QUEST FOR THE PHILOSOPHER」って言うゲーム、正直どうよ?
(情報源:ヒューズの遺産さん)

で。挑戦してまいりました。

プレイヤーはエドかアルを選び、進んでゆくタイプのアクションゲームと申しますか。
ただ昔からのゲームマニアはとても懐かしい感覚に襲われると思います。

操作性がマリオブラザース+若干スーパーマリオ(スーパーマリオでないところがネック)
のテンポはスペランカー
※操作性についてはもっと似ているゲームがあったと思うのですが、名前が出てこない。

⇒スペランカーについてはこちら

プレイヤーは玉のようなものを取り、それをとったエドが近くにある足場を錬成。
その出来た足場に乗り、すべての玉を集めて面の門まで突き進むと一面クリアとなります。

さて、アクションゲームが苦手な当方は 何人のエドが落下したのか既に数え切れませんがとりあえず1面クリア。
クリアするとエドとアルのアニメーション(おそらくTVで放映されたもの?)が流れ、英語のエドがお出迎えしてくれます。


さて、問題は二面です。


この二面、何故かプレイヤーが最大ジャンプできる位置に、その玉がなく、
足場が作れず先に進めません
困ったどうしよう。

それに加えて二面開始当初に左へ突き進みつくすと
何故かエドは奈落のそこへダイブ。
このあたりはファミコンの超難易度ドキュンのクソゲー
⇒カラテカ
に実に告示しているというか、忠実に再現されているところがすばらしいです。作者の意図はなかったことに

なお、落下した後にエドが一機でも残っていれば、なぜか地面のブロックに激突すると
落下劇が見られます

というわけで2面以降先に進めないので、進み方わかった人教えてください
[PR]
# by nzm_gm | 2005-03-15 22:08 | ネタ・雑談
レノとルーファウスに萌える
⇒FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN
内トレーラー(宣伝用ムービー)にて
トレーラー4が追加されています。


いつの話題だ
※1月28日にアプーされてた模様


こちらでも嬉しいことにレノ(藤原さん:鋼のヒューズ役)と、ルーファウス(大川さん:鋼のロイ役)が前回同様にチラリズム
前回のトレーラーには無かった二人の掛け合い

ルーファウス「レノ 頼む」 
レノ「はいよっ・・・と」

という、うっかり鼻血モノ 気軽な上司と部下の関係が楽しめます。


そして個人的には「はいよっ・・っと」
                 (SE:ズガガガガガガ)
「・・・っと」のセリフと同時にバレットのマシンガン攻撃が入るのが激しくウザイです。
しかし藤原さん、こう、溜めて吐き出す声が色っぽいですね!ヒロシだぞ、と。

(前者のセリフがルーファウスかどうかは未確認ですが、
 『ルード→???→レノ→イリーナ』と流れるセリフが神羅メンバーなので、間違いないかと)

補足:どうやら、「ルーファウスではなく別の人物では?」という意見が出回っています。
    レノの直属の上司・・・・という噂もありますが、彼はとうに死んでおりまして。
    けれど見事な爆撃の中で生きていたというルーファウスの事例もあることですし
    わかりませんねー。
    コメントくださった方ありがとうございます~


ルーファウスはレノの上司に当たる存在であり、一度ジェノバ破壊光線ビームにより死んだ(と思われていた)とはいえ、生まれながらの社長気質をもっています。レノもまた、部下でありながら上司を上司と扱わないノリで飄々とした道化さんなので、目をつぶっていれば簡易ヒューロイくらいは楽しめるかもしれません。

ここは偉大なるMAD職人の登場を待つしかありません。

ちなみに当方はレノルーが好物です。
[PR]
# by nzm_gm | 2005-03-15 15:31 | 801
聖戦のトラウマ
d0003141_13354745.jpgオグマとナバールがそろそろいい感じのおっさんになって登場しないか紋章の謎、と思っているのですが、FE(ファイアーエムブレム)シリーズはポコポコ出ても、髭の王様が大暴れなさったアカネイア大陸が出てくる気配はゼロに等しいですね。


当方はFEが大好きでしたが、アカネイア大陸とはまったく関係ナシに
ゼロから始まった「聖戦の系譜」での大幅な改革。
世代交代システムに撃沈してやらなくなってしまいました。

別にこのシステムが嫌いなのではなく、
アレだけ育てた親世代が中盤に一気に隕石魔法により死滅するので、
いたたまれなくて次世代の若者たちに運命を任しきれませんでした。
以降、アレがトラウマとなりFEシリーズには手を出していないのです。

特に主人公であるシグルドやその親友のキュアン等が大好物だった当方にとっては
「何故に当方が好きになるカップリングはお亡くなりになるのか」と本気で呪いたくなりますね。辛うじて生き残ってくれたフィンだけが最後の希望でした。



さて、そんなファイアーエムブレムの新作
⇒ファイアーエムブレム 聖魔の光石
半年前にとっくに販売されています。
どうやら評判もそこそこによろしいらしいのと、登場キャラクターのゼトさんが非常に萌えキャラクターの予感なので、買ってみるのも悪くないかなと。
しかし絵師が変わってもFEのドット絵スタイルが変わらない限り、基本は一緒の顔なんだなぁと思います。おしいね。

ちなみに FEシリーズ初のGBA作品 封印の剣 は以前購入したのですが、買ったその日に初めて上がったお家においてきてしまい、そのまま音信することはなく。



当方は ファイアーエムブレム外伝と、リフがGBAで帰ってくることをいつまでもいつまでも待ちます。

⇒ファイアーエムブレム簡単歴史
[PR]
# by nzm_gm | 2005-03-15 11:45 | ネタ・雑談
流星のように打ち切りになる漫画の思い出
なんだか新しいものを放り込むとかまいたくなっちゃいますよねぇ。
当方はあまりブログが好きではなかったのですが、
コメント放り込める日記を探していたら、結局これに落ち着きました。
今日は色々試したりつないだりはずしたりわけわからん行動をとってすんません。




さて。


当方の敬愛するテキストサイト。ちゆ12歳にて、ついに
テニスの王子様の作者様の前作品
⇒COOL
を取り上げてらっしゃしました。
当方はコミックを持っていなかったので、画像を交えての紹介が出来なかったのですが
ここではバッチリ狂人っぷりCOOLっぷりが発揮されているので、
噂のCOOLがどんなものだったのか見たい人はぜひ。

それより、修羅の門とテニスの共通点を見出すちゆさんは12歳ながらさすがだと思います。

あと、こちらの文面内に「倒した相手チームの選手に応援団が「負け犬」コールの大合唱を浴びせたり」とありますが、当方は氷帝戦で登場した氷帝学園(?)の一年生(だったか?)
鳳長太郎「サーブだけっ!サーブだけっ!」と仲間の声援を受けていたのがかわいそうでなりません。
応援しているのではなく、先輩たちからの遠まわしのけなしではないのかという論争は既にファンの間で根強く使いまわされている次第です。

古きよきジャンプの黄金期はすばらしい漫画が乱立しましたが、
超高速で流星のように現れては、華々しく散ってゆく漫画群がすばらしく
当方の記憶にはほとんど残っていないほど、スピーディーだったのが印象的です。
(今はなおスピードを増しているようですが)

その中で特に印象に残っていたが、タイトルをウッカリ忘れてしまった作品があって
今でもあの作者はどうしているんだろうと、たまに思い出す次第です。

警察モノでロングの髪のつつましやかな女の子がロボット府警さんで
一緒に警察やってる人のめがねが、懐かしい描写のサングラスだったのだけ覚えています。
なんていう漫画だったんだろう。
とりあえず、美少女系エロ雑誌にのっていてもおかしくはなかったと記憶しています。




本日、当方の働く会社の東京支部より、電話がありました。

会社の人「○○さん(当方)が作ったFLASHが置いているサイトがあるんですが、
ねずみのろうかと○○さんは何か関係が?」
当方「いいえありません」
会社の人「そこに人権擁護~のFLASHがあるんですがこれは?」
当方「それは私が作りました」

アホや。アホやってんワイは。orz

とりあえず慌てて会社の人には口封じの紙飛行機を飛ばしたのですが、それだけの用件で連絡してきたということは、既にばれているような気がします。
これからは自粛します。

こういったCM活動を?とも聞かれましたが、当サイトは当方の趣味と、妄想のみで生きているサイトです。


d0003141_0265193.jpg
⇒TETLA氏から頂いた激しく可愛いふぁ巫女さん。ハァハァ
可愛くてたまらんです・・・・
[PR]
# by nzm_gm | 2005-03-14 23:30 | ネタ・雑談
と、いうわけでブログにしたよ


正直いってブログに見えないとかいうな


元々前のスタイル自体がブログっぽかったからねぇ。
デザインも全然かえてないしね!!!

手始めに今日書いた文の雑文を下記に移しておきました。
過去の日記は上の方にリンクあるのでどぞー。


何が変わったのといえば、コメントとトラックバックがつきました。

これでわたしもトラックバックの仲間入りですひゃっほう。



で、当方自身トラックバックをいまいち理解していないのですが、
人間窮地に追い詰められたらどうとでもなります。


というか左かわの by nzm_gm になってるの変えたいんですが
誰かエキサイトブログの人教えてください (´д`)

というわけで気楽にコメントなどいただけるとありがたいです。
[PR]
# by nzm_gm | 2005-03-14 17:58 | ネタ・雑談
人権フラについてと 同人イベントについて
とりあえず人権擁護は可決が伸びたって話だけど、あんま伸びてないので惑わされるなwそれと、うちのFLASH見てそのまま受け止めず、見た後は下記のサイトへ直行して再確認しつくして欲しいっす(´ー`;)

「まずは興味を持ってもらう」を
第一で作ったフラだったので、
詳細などはQ&Aの方がより捕らえやすいかと思います。

----------------------------------------------------------

4月のインテとれたよー。また連絡するよー
とりあえず持っていく発行物は
・中佐と猫
・傭兵たちの宴シリーズ(1-4)幻想水滸伝
・鋼のロイ受け新刊

鋼の新刊は出せそうですが、よくわからないものをいっぱい詰め込んでる。
夢いっぱいドリームいっぱい けど現実はそう甘くないね
ヒュロイだったりハボロイだったり忙しい本ですが、
本質はヒュロイです。

ボスケテムービーズと烈火のヒューロイホモが見れるのはねずみのろうかだけ!(ジャンプ風に)というわけでゲスト↑(半ば強制的に)
[PR]
# by nzm_gm | 2005-03-14 12:53 | ネタ・雑談
今月の鋼の錬金術師をじっくり語る
さて、今月のガンガン鋼の錬金術師について
相変わらず路線の外れたネタバレを含みますがどうぞ









前から大総統の登場の仕方には不満をもっていたのですが、普通に通りすがるじゃなくて、光と共に回転しながら異形の魔物で振り降りたかデビルマーンくらいはそろそろやってくれてもいいんじゃないかなぁって思います。
ところで大総統のご子息さんはロイに似ていますね。
とりあえず娘ッ子が大変ですね。

あと、やはり今回の見所といえば、
スカー(傷の男)がちみっこいモノに弱い という事実が発覚。
小さなパンダがてぽてぽと歩いてこれば、きっと何もいえないのでしょう。
断言させていただきますが、彼はプリンが好きだと思います。
そして今回のパンダ萌えスカーに スカー萌え比率が一割くらい上がったと思うといてもたってもいられません。
腐女子はいつどこで萌えるのかわかりません。

ロイさんは相変わらず腹を押さえながら、嬉々としてUSO800無線を流しまくり、まるで第二巻の無能っぷりが再来したようなそれはそれは素敵な笑顔をなされておられたことと存じ上げます。
こういうロイの笑い声は久しぶりなのでなんだか嬉しいですね。



で、今回のお話は



         \   ∩─ー、    ====
           \/ ● 、_ `ヽ   ======
           / \( ●  ● |つ
           |   X_入__ノ   ミ   そんな餌で俺様が釣られクマ――
            、 (_/   ノ /⌒l
            /\___ノ゙_/  /  =====
            〈ホムンクルス __ノ  ====
            \ \_    \
             \___)     \   ======   (´⌒
                \   ___ \__  (´⌒;;(´⌒;;
                  \___)___)(´;;⌒  (´⌒;;  ズザザザ



でした。
[PR]
# by nzm_gm | 2005-03-12 16:18 | ネタ・雑談

OPEN:1999.4 / size:1024*768 / mail:cpaot408★hct.zaq.ne.jp (★⇒@に)